FUNCTION INTRODUCTION

勤怠管理クラウドサービス
CLOUZA機能紹介

機能6

PDF出力

出力した勤怠データは法的書類に活用することも可能

勤怠データは労働関係に関する重要な書類で、労働基準法第109条で3年間保存しなければならないと定められています。
CLOUZAでは、従業員の勤務データを週報月報として、PDF形式で出力することが可能です。
1ヶ月の出勤日・労働日数・出勤/退勤時刻が1枚で確認できます。
管理者は「月次コメント」の入力が可能なため、手書きでメモを残す必要はありません。
また、「印刷日付」が表示されるため書き換え等の不正抑止にもなります。
必要に応じて時間項目を非表示にすることもできます。
手修正した打刻時間や日ごとの集計データは修正マークが表示されるため、一目で分かりやすくなっています。
もちろん保存帳票は3年分出力可能。
紙で保存する必要はないため検索も楽に行うことができ、保存場所も必要ないので管理コストの削減にもつながります。

PDF出力