EXCELLENT POINT

勤怠管理クラウドサービス
CLOUZAの特長

選べる打刻方法

働き方にあった打刻方法を選択!組み合わせて使うことも可能!

普段ご使用されているパソコンやタブレット、スマートフォン、ICカードをそのまま利用。既存の資産を有効活用し、システムの導入費用を削減することができます。インターネットに繋ぐだけで、出退勤が可能です。
また、使い慣れたタイムレコーダーもご利用いただけます。
ご利用いただくシーンに合わせて打刻方法をお選びください。

Webタイムレコーダー

タイムレコーダー感覚で使える
Webタイムレコーダー(全員打刻)
  • タブレット

    タブレット

  • PC

    PC

会社保有のパソコンやタブレットを利用できる

普段ご使用されているパソコンやタブレットをそのまま利用できるので、新たに機器を用意する必要はありません。既存の資産を有効活用し、システムの導入費用を削減することができます。インターネットに繋ぐだけで、出退勤が可能です。
またタブレットであれば、場所にとらわれず設置できるので、機器の設置スペースがなくても大丈夫です。他の人が打刻できないように打刻時にパスワードの入力を求める設定や、別拠点に出張した場合も出張先のタイムレコーダーから打刻することも可能です。

システムが不慣れな人でもカンタン

Webタイムレコーダーの画面はタイムカードが並んでいるように名前が表示されているので、自分の名前を押して打刻をするだけ。システムが不慣れな人でも簡単にご利用いただけます。

打刻場所の位置情報取得可能な
Webタイムレコーダー(個人打刻)
  • スマートフォン

    スマートフォン

  • タブレット

    タブレット

  • PC

    PC

パソコン・タブレット・スマートフォン
どれからでも同じIDで打刻

タブレット・スマートフォンではご利用いただくブラウザの位置情報取得をONにしていただくと打刻場所の位置情報が取得できます。位置情報は管理画面からご確認いただけます。

打刻機能以外に打ち忘れ等勤務表の確認が可能

ワークフローオプションをご利用の場合、従業員の方は申請も可能です。また拠点の管理者の方は管理対象の従業員の承認も可能です。

※ワークフローオプションは別途費用がかかります。

  • 従業員画面(ワークフローオプションあり)
  • 管理者画面(ワークフローオプションあり)
  • 勤務表画面

アプリタイムレコーダー

いつでもどこでも打刻できる
アプリタイムレコーダー
  • スマートフォン

    スマートフォン

  • タブレット

    タブレット

24時間いつでもどこでも打刻できる

オフィスに設置する必要がないため、営業や配送、保守など外勤が多い方や、屋外作業が多い建設作業員、警備業務の方でも便利にご利用いただけます。

またタブレットアプリであればネットワークが未接続の場合でも打刻でき、打刻データはネットワークが接続されるまでタブレット上に蓄積されます。不正打刻防止のため、打刻場所の位置情報を確認することも可能です。

従業員のスマートフォンから打刻できる

無料ダウンロードのアプリを入れていただくことで、従業員のスマートフォンやタブレットを活用することができます。既存の資産を有効活用し、システムの導入費用を削減することができます。

毎日使うICカードで出勤・退勤が
可能なアプリタイムレコーダー
  • タブレット

    タブレット

iPadアプリであれば、お手持ちのIC カードを
使用した打刻が可能

iPadアプリであれば、お手持ちのICカードを使用した打刻が可能です。iPadにワイヤレス接続(Bluetooth通信)をして出退勤を行うことができます。

※FeliCaは、ソニー株式会社の登録商標です。

※FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。

※PaSoRiは、ソニー株式会社の登録商標です。

※お手持ちのICカード(FeliCa)の不良により、「CLOUZA」で打刻できないことがあります。
アマノビジネスソリューションズ株式会社がお手持ちのICカードの利用を保証するものではありません。

※PaSoRi(RC-S390)および、ICカード(FeliCa)はお客様にてご購入いただく必要がございます。

Time P@ck-iC IV

クラウド対応タイムレコーダー

Time P@ck-iC IV

CLOUZAはアマノ株式会社のクラウド対応タイムレコーダー「TimeP@CK-ic Ⅳ」との連携が可能です。複数の拠点に置かれたタイムレコーダーも、CLOUZAと連携することで、簡単に集中管理することができます。

TimeP@CK-iC Ⅳ CL連携に関するお申し込み

TimeP@CK-iC Ⅳ CL 連携を行うためには、TimeP@CK-iC Ⅳ CL本体が必要です