FUNCTION INTRODUCTION

勤怠管理クラウドサービス
CLOUZA機能紹介

機能8

申請承認ワークフロー

紙で行っていた申請をWebに切り替えて効率化

不在理由(有休、特休等の休暇)や時間外勤務(早出、残業、休日出勤、徹夜)、打刻忘れを含む打刻修正の申請と承認が可能です。
承認されたデータは勤怠実績や有休管理機能に自動的に反映されます。なお、承認は1段階までです。従業員から申請があった場合は、承認者の打刻画面に承認待ちの件数が表示されます。
翌月までであれば事前に休暇申請ができるため、あらかじめ申請を行っておけば、休暇日に打刻がなくても、打刻忘れや欠勤扱いにはなりません。また、残業申請を行うことで、従業員や管理者に残業の実態を把握させることができます。

  1. 申請データ入力

    休暇・時間外・
    打刻修正

    申請

    従業員

  2. 申請データ承認

    承認

    管理者

  3. 勤務実績反映

    CLOUZA

有休申請・承認

  • 申請画面
    申請画面

    不在理由の申請を行います。申請はスマホ・タブレットからも可能です。不在理由、有休の対象日を選択して確認ボタンを押して、内容を確認したら申請ボタンをクリックするだけ。

  • 承認画面
    承認画面

    不在理由の承認を行います。処理から承認・差戻・否認を選び送信ボタンをクリックします。任意でコメントを追加することが可能です。

  • 管理者承認一覧画面
    管理者承認一覧画面

    管理者は申請がされている届出を一覧で確認することができます。全選択をすると一括承認をすることが可能です。

※当機能をご利用の場合は、別途オプション費用が発生します。料金については料金ページをご確認ください。

※CLOUZA勤怠データNET収集サービス及びdesknet’s NEOのタイムカード+CLOUZAをご利用のお客様は対象外となります。